案内板として使用するシンプルなデザインの場合は1万円

単なる案内板としてシンプルなデザインに留めておきたい場合であれば、パーキング看板の製作費用は1万円から3万円で済ませることができます。オプションとしてライトやフレームなどがあります。夜間にもパーキング看板の効果を得たいのであれば、アームライトを設置することで対応することが重要です。アームライトを設置するための費用は3万円程度上乗せされてしまいますが、パーキング看板の視認性を高めると同時に集客の効果を得やすくなります。
その一方で店舗が昼間だけの営業であればアームライトの設置は不要です。パーキング看板にかかる費用で収益が得られなくなってしまうことも多いです。可能な限り看板作成にかかる費用を削ることで収益化と集客を同時に得ることが重要になります。シンプルなデザインの場合は遠くからでも見やすいですが、最低限必要事項だけは記入しなければ集客効果を得ることは難しい点にも注意が必要です。

フェンスに取り付けるタイプの場合は5000円

店舗の駐車場のフェンスなどに取り付けるタイプのパーキング看板に必要な費用は、5000円程度で抑えることができます。特に屋根が設置されていて雨風に晒されてしまうリスクが少ない場合は、自作でパーキング看板を工面したほうが安く済ませることも可能です。フェンスに取り付けるタイプの場合は、錆に強いタイプのステンレス製の針金を使用することで安価に済ませることができます。
収容台数などを明記した上で店舗の駐車場に設置する場合は大型の物が必要になりますが、個人で作成すれば5000円で設置することも可能です。アルミ板などを使用したものであれば、錆に強く衝撃にも耐えられるので、長期間利用することができます。ただし、夜間などは看板の視認性が下がるので別途ライトなどを設置する必要があります。パーキング看板を取り付けする際には車中からの視認性も高めることも重要です。自作で設置する場合にはこれらの問題に注意する必要があります。

まとめ

案内用のパーキング看板を設置する際のデザインは、シンプルであれば良いというわけではありません。徒歩で利用している顧客が立ち止まって詳細情報を得ることができるようにするためにも。なるべく必要事項だけに絞って記載しておくことが重要です。夜間に営業しない場合はアームライトの設置は不要な場合が多いので、可能な限り集客と収益化を両得します。収容台数や利用料金などが書かれてあると、顧客は車を利用して駐車しやすくなります。