パーキング看板を高所に設置する際の費用の目安

パーキング看板を製作したものの、肝心の設置作業ができない場合、専門会社に依頼をすることが必要です。特に高所に設置するような作業では、落下の危険が生じてしまっては、後から問題になってしまい賠償問題につながるので、不安を感じる方はプロに任せた方が安全です。パーキング看板といってもサイズや使っている資材により重量が異なります。当然ながらサイズが大きく重量があるものであれば、設置費用は高くなり、目安としては1枚で30,000円から50,000円程度が掛かります。
設置場所にも影響することがあり、頑丈なコンクリートやモルタルに設置するのであれば作業は簡単で費用も低めですが、不安定な位置や外壁が弱い場合は強化させてからの設置作業が行われるので費用は高くなることが通例です。パーキング看板の場合は、運営をしている以上、長期間にわたって設置することを目的にしているので、台風被害や地震の被害から守る上でも一定の費用を費やすことは重要な意味合いがあります。

自力でパーキング看板を設置する際に掛かる費用は差が出ます

パーキング看板を製作した方は、完成した看板は軽量であまり大きなサイズではないものを用意している場合も見られます。パーキング看板は通常では屋外の目立つ位置に設置をしますが、この作業を自力で行う際には、費用は作業工程により大きく差が生じます。まずは、コンクリートやブロック塀などに設置をする際には、パーキング看板のサイズに合わせて電動工具のインパクトドライバーが必要です。最初に下穴を開けてからコンクリート用のネジで打ち込む方法になりますが、この範囲の費用はドライバーは廉価品であれば8,000円程度、ネジは500円もあれば購入できるので安く設置することはできます。
軽量でサイズの小さ目な看板であれば、ネジ打ちの方法で多くの事例で問題なく固定することができますが、落下の危険性を心配される方は、更に強化をする方法はあります。パーキング看板をネジ打ちする前に看板の裏側に素材に合わせた接着剤を塗る方法と、屋外対応の超強力両面テープを貼っておく方法が効果的です。この2つの道具は2,000円程度で購入することができる範囲なので使い分けをすることで落下防止は行えます。

まとめ

落下の危険性を感じるサイズと重量のパーキング看板の設置は、専門会社に依頼することで自然災害にも強い状態で施工してもらえます。費用は下地による違いはあり平均値は40,000円とも判断できます。あまり重量がなくサイズも小さいパーキング看板であれば、電動工具とネジ、接着剤や両面テープがあれば、自主的に設置は可能です。自力での設置の場合は、経費は約10,000円程度で済ませられる範囲です。少しでも落下の不安を感じている場合は、やはりある程度の費用を支払ってもプロに任せた方が後々安心できます。