食に関して便利屋さんと相談した

引っ越しの後片付けのために、便利屋さんに来てもらった。
一人暮らしを始めたアパートには、まだ段ボールが山積みだった。
しかも、花粉症がひどくなってきたので、片付けは思うよう進まない。
便利屋さんとあれこれ話しているうちに、食べ物の話になった。
私が花粉症だと知ると、「食べ物で花粉症が軽くなることがあるらしいよ」と言って、
アレルギーと食品添加物の関連について説明してくれた。
どうやら、食品添加物の多い食事をとっていると、花粉症をはじめ、
喘息やじんましん、アトピーなどが発生したり、悪化したりすることがあるという。
そういえば、田舎に住んでいる祖母は、まわりが杉だらけなのに、
一度も花粉症になったことがない。
祖母はいつも自分で育てた野菜を食べていて、市販の加工食品はまず食べない。
そうか。まずは、祖母にならって、できるだけ自分でご飯をつくってみよう。
そう言うと、便利屋さんはニッコリとうなずいた。

今までの食生活と腎不全治療の事

肉類などたんぱく質が多い食生活をする人が多いですが、
腎不全治療が必要になった場合、今までどおりの食生活を続けることは難しくなります。
たんぱく質を必要以上にとらないことも大切ですが、
食品添加物の中には腎臓に負担をかけるものもありますので、
可能な限り摂取しないほうがいいです。
腎不全治療は、継続して行うことで病状の進行を抑えることが目的になります。
また腎臓の機能が低下していれば他の病気を引きおこす可能性も高くなりますので、
予防のためにも早く始めることが重要です。
食べる量などは、人によって違いますので医師の指示に従うことを忘れてはいけません。
腎不全治療とはいえ、過度に食事制限をする必要はなく、
健康に配慮していけば問題ないです。